コレステロールを下げるには

コレステロールって何?

コレステロール

コレステロールという言葉を聞いて「それって何の話?」という人は多分いないと思います。多くの人は体に不必要な脂肪分のようなものというイメージだけは持っているのではないでしょうか。しかし、本当にコレステロールのことを知っている人は思ったより少ないようです。もう少しコレステロールのことを知ると、コレステロールを溜めないことの大切さ、コレステロールという言葉で無意味に怯える必要がないことなども分るはずです。そこで、ここではザックリと分りやすくご説明させていただきます。

 

コレステロールの働き

コレステロールは細胞膜の成分でもあり、細胞分裂や細胞の修正にも必要なものです。そしてステロイドホルモン、性ホルモン、胆汁酸、ビタミンDの材料にもなり、生きていく上でも絶対に必要な成分なのです。

 

善玉と悪玉のかたち

コレステロールは血液によって運ばれますが、もともとは脂肪です。
脂肪であるコレステロールは血液とは交わらないため、そのままのかたちでは血液によって細胞に運ばれることができません。そこでコレステロールや中性脂肪、リン脂質などは、タンパク質に包まれたかたちで血液に混じります。このかたちをリポたんぱくと言い、4種類に分れているうちの2つが善玉コレステロールと悪玉コレステロールなのです。

 

善玉と悪玉との関係

コレステロールには善玉コレステロールのHDLと悪玉コレステロールのLDLがあります。食べ物から摂ったものや、肝臓で合成されたコレステロールが血液の中を通って全身に運ばれて、細胞膜やホルモンの合成に役立っていきます。しかしコレステロールが多くなると、不必要なコレステロールが血中に放置されます。
そこでまず必要以上のコレステロールは、多く摂りすぎないことが大切だということが分ります。次にもし余ったとしても、善玉1に対し悪玉1を肝臓に戻すことができる作用があるので、善玉コレステロール1つが悪玉コレステロール1つを肝臓に連れて行ってくれます。

動脈硬化

でも悪玉コレステロールが多い場合は、血管内に残ったしまった悪玉コレステロールは血管壁を痛め、くっついてしまい、脂肪がどんどん血管内に溜まってしまいます。そうなっていくと血管を狭くし、最後には血管を詰らせてしまい、ご存じのように動脈硬化などの原因になります。ここで善玉と悪玉のバランスも大切だということも分ります。

 

コレステロール必要量

コレステロール

食事から摂るべき1日のコレステロールの適量というと約500〜600mgと言われています。卵1個でも250〜300mgのコレステロールが含まれているので、卵2つでもう摂取量を摂ったことになってしまいます。そして体内でのコレステロールの生成の量は1日約1500〜2000mgとも言われているのです。

 

摂りすぎたら? 不足したら?

コレステロールを過剰摂取すると動脈硬化の要因となり、逆にコレステロールが不足すると赤血球や血管の細胞膜が壊れるということが起ります
コレステロールは血管壁に付くことは血管を詰らす原因になりますが、炎症や老化などによる血管壁の修理をしてくれるのも、血管壁に付くという性格があるからなのです。つまり不足しても摂りすぎても、どちらも注意が必要だということになります。そのために検査などで、今の数値を参考にすることをおすすめします。

 

乳酸菌サプリとダイエットについて