コレステロールを下げる食事法とは?|コレステロールを下げるには

コレステロールを下げる食事法とは?

コレステロールを下げるためには、適度な運動や規則正しい生活も大切ですが、やっぱり直接的にはまず食事が問題になります。そこでどういうことに注意をし、どういうものを摂るようにしたらいいのかをまとめてみました。

 

摂りすぎない食品

脂肪分の多い食事を避けるようにするために和食がおすすめです。肉中心の食事を避け、大豆製品や青魚などを多く摂るようにしましょう。オイルは控えるようにしますが、サラダオイルよりオリーブオイルやリノール酸、オレイン酸などに替えましょう。炭水化物や糖分も控えるようにし、マーガリン、バター、チーズ、マヨネーズ、ドレッシングなども注意します。全体の食事量は必要カロリー以上摂りすぎないようにしていくことが大切です。

 

意識的に摂りたい食品

コレステロールを下げるためには意識的に摂りたいものもあります。まず野菜、きのこ、海藻、コンニャク、大豆製品、胡麻、緑茶、酢、玄米、青魚などがあります。
特に意識して摂ってみましょう。

 

牡蠣

牡蠣は海のミルクとも言われていますが、人間が生きるための栄養素をすべて整えているほどの完全栄養食品です。特に牡蠣の中のタウリンは血中コレステロール値を下げ、中性脂肪も減らし血液をサラサラにしてくれるという嬉しい効果があるのです。

 

青魚

イワシ、サバ、サンマ、カツオ、マグロなど、いわゆる青魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が悪玉コレステロールを減らす効果があります。

 

きのこ類

しいたけ、エノキ、マツタケ、シメジなどたくさんのきのこ類が今は簡単に手に入ります。きのこはカロリーが低いだけでなく、水溶性の食物繊維がタップリなので、脂肪を取り込みながら排出する効果があります。海藻などにも水溶性食物繊維が豊富なので、意識的に摂るようにしましょう。

 

納豆

ナットウキナーゼという成分が血栓予防になるということが研究発表され、血栓治療薬の代りにも使われるようになりました。ナットウキナーゼは熱に弱いので、炒めたりするものは火をとめてから投入するようにしましょう。生で食べる方がおすすめですが、醤油の使いすぎは良くないので塩分控えめにして食べましょう。

 

お菓子は和菓子

お菓子を食べるときには、できるだけ和菓子を食べるようにしましょう。洋菓子と和菓子と同じカロリーだとしても、洋菓子は糖分と脂分とを同時に摂ることになり、すぐに脂肪になりやすくコレステロールにもなりやすいと言われています。その点、和菓子は同じ大きさならカロリーが低めでもあり、脂分がないので脂肪になりにくいと言うことが言えます。お菓子は全体に少なくするようにしたいものですが、食べるなら洋菓子より和菓子にしましょう。