コレステロールを下げる運動とは?|コレステロールを下げるには

コレステロールを下げる運動

コレステロールを下げる運動というと、まず基本的には有酸素運動を中心に行うようにします。もちろん筋肉をある程度つけることで代謝がアップしますが、有酸素運動でも筋肉は適度に付くので有酸素運動中心で大丈夫です。ではコレステロールコントロールのための運動を挙げてみましょう。

 

注意ポイント

コレステロールが高い人は、もう今現在血管が細くなっている人もいるので、急激に激しい運動をすると心拍数だけが高くなってしまうので、あまりハードな運動や長く運動を行うことは注意しましょう。そこで、おすすめの運動をいくつかおすすめします。

 

心臓の負担が少なく調整しやすい水中歩行

疲れたらすぐに休むこともでき、体に対する負担も少ないのが水中の運動です。特に水中体操などより水中歩行がおすすめです。有酸素運動でもあり、だんだん運動時間を伸ばしてみるのもいいでしょう。また慣れてきたらフォームもちょっと調整してみると、より効果的です。全身運動なので、体全体を使うことができる理想的な運動です。

 

自分のペースでできるウォーキング

ウォーキングは有酸素運動の中でも、コレステロールを下げるための運動としては特におすすめです。まず自分のペースで行えるので、無理することなく行えます。運動嫌いな人でも何の準備がなくても、散歩がてら行うことができます。毎日でも2日おきでも定期的にきちんと続けることができるので、無理しない程度に続けることができるので、とても効果があります。理想は週に2〜3回以上で、1回30分〜1時間行うようにするといいでしょう。だんだん慣れてきたら歩く姿勢や歩幅なども調整して、負荷を掛けながら歩くようにすると、より効果がアップします。

 

ヨガは1日30分

ヨガも自分で行うといいでしょう。寝る前の30分程度行うようにします。やはり体は15分程度から脂肪燃焼し出すということからも30分は行いたいものです。ヨガといっても難しいものでなく、ヨガを知らない人でも簡単にすぐにできるヨガなどが、ネットや本を見るだけでもすぐにできます。呼吸法をきちんと行うこともヨガのポイントになります。気持もリラックスすることができる静の運動なので、寝る前に行なうことで深い睡眠やストレス解消にもなります。

 

ストレッチも呼吸がポイント

ストレッチも簡単なものはネットや本で十分知ることができます。自分に無理のないものをいくつか行うようにしましょう。これも出来れば30分程度行いたいところです。
ストレッチも呼吸が大切になりますが、あまり難しいことを考えるとできなくなってしまいます。単純に体を伸ばすときはフーッと口から吐く。
緩めるときには鼻から吸う。これが基本なので、できるだけこれだけは意識してストレッチをしましょう。長く伸ばしているときには、鼻からスーッと吸ってゆっくり口から吐き、体を伸ばしていきます。他のことはあまり考えずに、このポイントだけ守るようにしましょう。