コレステロールが高いとどうなる?|コレステロールを下げるには

コレステロールが高いとどうなる?

コレステロールが高くなると動脈硬化や心筋梗塞、高血圧、高脂血症などの危険がとても高くなるということは、多くの人に知られているのではないでしょうか。
しかし、どういうことでコレステロールが高くなり、このような恐ろしい疾患になるのかということを、もう一度おさらいしておきましょう。
まず悪玉コレステロールと善玉コレステロールの関係から見ていきましょう。

 

悪玉コレステロールと善玉コレステロール

悪玉と善玉というと、悪人とヒーローのように感じてしまいますが、どちらもなければならないものです。どちらもタンパク質でコーティングされたリポたんぱくの一種で、細胞膜をつくる成分でもあるのです。血液中に混じって隅々の細胞まで運ばれ、細胞再生のために必要とされます。
ここまではなくてはならないというお話になります。
でも、どうしても余ってしまったコレステロールがあると、血液中で行くところもなく放置されてしまいます。

 

でも、そこで善玉コレステロールが悪人コレステロールと手をつなぎ肝臓に戻ることができます。悪玉コレステロールは血管壁に集まって溜まるという性質があるので、善玉コレステロールが肝臓に連れて行ってくれないと血管に脂肪が溜まってしまうのです。善玉と悪玉は1:1で肝臓に戻ることができます。つまり善玉コレステロールより悪玉コレステロールの方が多いと、そのぶん血管に溜まっていくということなのです。

 

自分の状態を知る

血液検査

善玉コレステロールより悪玉コレステロールが多いことが問題で、どのぐらい多いのかということを知ることができるのは血液検査です。それによって基準値に比べて、自分の状態が今どうなのかが分ります。

総コレステロールの基準値は140〜220mg/dlで、これを超えたら要注意と考えるようにしましょう。また悪玉コレステロールと善玉コレステロールの数値をきちんと検査することで、はっきり状況が分ります。

 

コレステロールが高いとどうなるの?

コレステロールが高くなると、血管の中に悪玉コレステロールが溜まってしまうことで、血管の中が細くなってしまい、ひどくなると詰ってしまいます。それによって動脈硬化、高血圧、高脂血症、心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中などにもつながっていく危険があります。

 

女性も注意

動脈硬化などの疾患は、男性の方が多いと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、女性の方が要注意なのです。特に女性ホルモンの減少と関係があることから、55歳前後の閉経前後から注意が必要になります。糖尿病やコレステロールが高くなるなど、更年期とともに急にリスクが高くなると言われています。女性も中年になったら注意をして、まずは検査をして自分の状態を知ることが大切です。