HDLコレステロール|コレステロールを下げるには

LDLコレステロールについて

LDLコレステロールというと、いわゆる悪玉コレステロールという名前でもよく知られています。悪玉というと悪者のようですが、肝臓でつくられたコレステロールを、細胞や各臓器に運ぶという役割がある低比重リポたんぱくのことなのです。
しかし細胞や臓器が必要としなかったコレステロールは、HDL(善玉)とともにLDL(悪玉)が肝臓に戻ります。このときにHDL(善玉)が少なければ、LDL(悪玉)は血管で放置され動脈硬化などのリスクを高めていくのです。さて、もう少しLDLつまり悪玉コレステロールについて詳しくまとめてみましょう。

 

総コレステロールとLDLの関係

総コレステロールが高いと、ほとんどLDL(悪玉)が高いことが多いため脂質異常と診断されますが、実際にLDL(悪玉)とHDL(善玉)の数値を調べないと脂質異常とは言い切れません。
例えば総コレステロールが高くても、LDL(悪玉)よりHDL(善玉)が高ければ問題ありません。つまりLDLとHDLの量を知る必要があるのです。

 

LDLコレステロールの算出方法

LDLコレステロール値=総コレステロール−HDLコレステロール値−(中性脂肪値)÷5となります。これは中性脂肪が400mg/dl以下の場合の計算となります。

 

LDL値の範囲について

LDL(悪玉)コレステロールの基準値は一般男女で60〜139mg/dlとなりますが、閉経後の女性は高くなるので、70〜159mg/dlに設定され、140mg/dl以上は異常だと考えましょう。またこれは総コレステロール220mg/ dlに相当すると言われています。LDL(悪玉)値が高くても、逆に低くても改善が必要になります。

 

LDLが高い場合

  • まず生活習慣を見直すことが必要になります。
  • 食事では肉類を減らして、なるべく魚を食べるようにしましょう。
  • 特に青魚系はたくさんのHDLが含まれているのでおすすめです。
  • 青魚の不飽和脂肪酸DHAやEPAなどがコレステロールを下げてくれます。
  • また野菜を多く摂ることも必要です。
  • 油っぽいものと肉類を減らし、青魚と野菜を増やしましょう。
  • 他に運動不足も悪玉LDLを増やす要因になるので適度の運動も大切です。
  • そして規則正しい生活、睡眠など、ガラッと生活を変えることが必要になるかも知れません。
  • また喫煙や暴飲暴食なども、絶対に禁止と言えるでしょう。
  • ストレスもLDLを増やす用意になるので、解消を考えるようにしましょう。

 

LDLが異常なときに考えられる病気

LDLが異常に高いときには脂質異常、動脈硬化、糖尿病、甲状腺機能低下、ネフローゼ症候群などの疑いがあります。
またLDLが異常に低いときは肝硬変、甲状腺機能亢進症などが考えられます。