コレステロールを下げるには

総コレステロールとは

よく検査結果の診察時に、医師から「うーん、コレステロールが高いですね〜」と怪訝な顔をされて言われるとドキンとしてしまいますが、このときのコレステロールというのは総コレステロールのことを言っている場合がほとんどです。
簡単に言うと、血中の中のコレステロールの総量は健康のバロメーターでもあり、コレステロールは悪い働きだけでなく血管や細胞の強化や維持、赤血球の保持にも役立つ重要な成分でもあるのです。
しかし、多すぎると逆に動脈硬化などの成人病のリスクもあり、危険度の目安にもなります。そこで、もう少し総コレステロールについて考えてみましょう。

 

総コレステロールについて

血中に存在するコレステロールの総量ですが、コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。
総コレステロールが高いと、悪玉コレステロールも高いことがほとんどなので、そうなると善玉コレステロールとのバランスが悪くなり、動脈硬化や高血圧、心筋梗塞、脳卒中などになる危険が高まります。
総コレステロール値は150mg/dl以上、220mg/dl未満が正常値となっており、この数値を目安に注意することが必要になってきます。

 

総コレステロール値範囲

総コレステロールが220mg/dl以上、LDL(悪玉)140mg/dl以上、中性脂肪150mg/dl以上のどれか1つが当てはまったら、高脂血症のため食事や運動で改善しなければならなくなります。
総コレステロール値が130mg/dl以下であれば、今度は不足ということで、食事で補うことが必要になります。
悪玉コレステロールはこの正常値内に収まっていれば問題なく、良い役割をしていると考え、この数値を超すと悪い役割に変化しているというふうに考えましょう。

 

総コレステロールは女性こそ注意が必要

総コレステロール値は年齢によっても高くなっていきます。
また女性の方が男性より総コレステロールは高くなる危険が大きいと言われていますが、これは女性ホルモンが閉経を境に激減することが影響しています。
基準値を超した状態が続くことで動脈硬化、脳卒中、狭心症、心筋梗塞などのリスクも高まります。
女性は特に閉経前後からが要注意となります。

 

総コレステロールが高いと

総コレステロールが高くても、善玉コレステロールが高ければ、それほど心配はないと言われています。
しかし、全体にコレステロールが高いことは事実なので、まったく問題ないとは言えないのです。
やはりコレステロールは必要な分だけ毎日摂取することが理想です。
かといって年齢が高くなると、総コレステロールが低くなりすぎても血管がもろくなったり、赤血球自体が破壊されたりすることもあるので、もし数値が低い場合は栄養価の高いものを摂るようにして、数値を範囲内まで上げるようにしていくことも必要になります。
簡単に善玉コレステロールと悪玉コレステロールの、バランスが良ければ問題ないとも言いきれないことも知っておきましょう。